出会い系サイトで女性に最初にメッセージを送る際、「どんなメッセージを送ればよいのだろか?」と悩んでいませんか?

僕も出会い系サイトを使い始めた時はかなり悩んでいました。

この記事ではそんなあなたの悩みを解決したいと思います。

ポイントは
丁寧さを心がける
自分の情報を入れる
送った理由をつける
質問を入れてみる
「まともな人」という印象を与える

以上の4点になります。

いきなりタメ口で話かけるようなことをすると、女性から「常識のない人では?」と思われ、返信が来なかったり、会ってもらえないことになります。

この日人は会っても大丈夫そうだな、と思ってもらえるような文章をこころがけましょう。

(数回往復したらタメ口にしていって、距離を詰めていきますが)

また、自分の住んでいるところや職業などを最初に入れて、女性がプロフィールを見る手間を省きましょう。

ただし、挨拶だけで終わるようなメッセージに対しては女性側も返信する気が起きません。

「趣味が一緒だなと思って!」などの理由つけをして、テンプレートな感じを消し、「あなたに興味があります」ということを伝えます。

また、「質問」を1つ入れて、会話を誘導してあげると返信率がぐっと上がってくるので、意識してみたいですね。

これらを意識して例文にすると

「はじめまして、○○住みで会社員をしています、ケンタです。

△△さんと同じく、旅行やグルメが好きなので、お話してみたいと思ってメッセージを送りました。

まずはメールから仲良くなれたら嬉しいです。

よろしくお願いします!」

こんな感じになります。

あなたも自分にピッタリのファーストメッセージを考えてみましょう

最初のメッセージのコツ①:丁寧さ

はじめまして!やこんにちは!などの挨拶をきちんと入れて、丁寧なメッセージを心がけよう。

女性から聞いた話では、いきなり「遊びにいこー!」や「(*^^*)」などの顔文字を入れてメッセージを送ってくる男がいるようです。

普通にこんな風に常識のなさそうな人とは会いたくないですよね。。

最初のメッセージのコツ①:自分の情報を入れる

さらに、最初のメッセージで自分の住んでいる地域や職業も入れましょう。

女性があなたのプロフィールをいちいちチェックしてくれることは少ないですし、またチェックさせる手間を省いて返信率を上げることを意識して下さい。

なぜ、これらの情報を入れるかと言うと

住んでいる地域を言う
→女性の住んでいる地域と近いと会ってみようかなという気になる

職業を書く
→信頼出来る職業をしているのか、もしくはきちんと仕事をしている人なのかを女性はかなり重視しています。

これらの情報を最初に盛り込んでおくことで、返信率はアップしますよ。

最初のメッセージのコツ③:送った理由をつける

ここは会話の「フック」になりそうな話題を提供するとともに、コピペ感を消す目的があります。

女性のプロフをきちんと読んで、興味を持ってメッセージすることを伝える感じですね。

ただ、プロフに情報が全くない女性には「どんな出会い探してましたか?」などと聞いてみるのもOKです。

最初のメッセージのコツ④:質問を入れる

趣味の話に加えて、質問を入れてみると返信されやすくなります。

はじまして!○○です!だけだと、

△△です、よろしく!

で会話が終了してしまいますしね。

「旅行好きなんですね!海外も結構行くんですか?」や

「お酒好きなの一緒です、どんなお酒が好きですか?」など

向こうが返信しやすい質問を考えてみましょう。

最初のメッセージのコツ⑤:まともな人と思わせる

最後は「まずはメールでやり取りしてみて、仲良くなりたいです。よろしくお願いします!」などと書きます。

「会いたい感」を全面に出してしまうと女性に引かれてしまいますので、メッセージのやり取りをしてから会うという程で話を進めましょう。

また、これは最初のメッセージだけでなく、全体を通してなのでが「まともの人」であると思わせない限り、女性と会うことは出来ません。

女性は男性と違い、少なくとも出会い系サイトで男と会うことに恐怖心を抱いています。

会ってみて、怖そうな人やまともじゃない人が来た場合、力が弱い分身の危険を感じますよね。

会っても大丈夫そうだという印象を与えるために、最初のメッセージから丁寧に送ってみて下さい。

出会い系の最初のメッセージは返信したくなる仕掛けを

以上がポイントになります、最後におさらいしてみましょう。

丁寧さを心がける
自分の情報を入れる
送った理由をつける
質問を入れてみる
「まともな人」という印象を与える

全体を通して言えることは、女性の手間を徹底的に省いた丁寧なメッセージを心がけることです。

女性に限らず、人間は「めんどくさがり」ですので、深く考えなくても返信出来るようなメッセージをこころがけましょう!

おすすめの記事