この記事では出会い系で知り合った女性と会う前に電話するコツを紹介します。

会う前に電話すると、女性に安心感を与えることが出来て、ドタキャンが減らせます。

また、当日にタダマンHする確率が上がるので、会う前には必ず電話した方が良いですよ。

メッセージしてデートするまでの流れとしては、

5通程メールでやり取り
→デートに誘うってOKが出る
→LINEを交換しよう
→いきなり会うと緊張するからちょっとだけ電話しよう

このような流れになることが多いです。

もし電話を断られたら、LINEでデートの予定を決めるのは手間がかかるから、電話で当日のことを話合わない?と提案しても大丈夫です。

こうすれば自然と電話に応じてもらいやすくなります。

実際の会話の内容としては、自己紹介から始めて、軽く趣味の話をした後、最近の出会いについて触れます。

そこから恋愛トークへつなげて、男女の関係を意識させます。

この話を会う前にしておくだけで、当日Hへの意識が全然違いますので、しっかり話をしておきましょう。

事前の電話と言っても、20~30分程度の会話でOKです。

あまり長く話をし過ぎても、当日話をすることがなくなってしまいますからね。

事前に電話しておいて、会ったことがあるような感覚にすれば良いのです。

出会い系で知り合って電話をするまでの流れ

まず、電話をするまでの流れについて説明します。

全体的な流れとしては、サイト内で先にLINEを交換、その後に電話をすることになります。

サイト内で会う約束をすれば、ほぼLINE交換出来ます。

会う約束をしている時点で脈アリなので、LINEを交換してもらいやすいんですよね。
逆に会う約束まで出来てないのに、LINEを提案しても断られることが多いです。

なんで交換するの?という流れになりかねません。

LINEを交換する際はまずデートの約束を取り付けるところまでいきましょう。

電話への誘い方

電話をする際にも理由付けが必要です。

・いきなり会うの緊張しない?会う前に話そう

・当日の予定を決めたいから電話で相談しない?

これらの理由つけを行って電話へ誘ってみて下さい。

LINEはただの連絡ツールですので、どれだけLINEをしても仲が良くなることはありません。

また、何度もLINEのやり取りをするのは相手の負担にもなるので、電話でデートの予定を決めてしまいましょう。

当日Hするための電話内容

出会い系で出会ってデートをするからには、女性とHな関係になりたい人が多いと思います。

当日Hが出来るかどうかは事前の電話で確率を上げることが出来ます。

では、どんな会話をすれば良いのでしょうか?

会話の流れを記載します。

①挨拶&自己紹介

②お互いの趣味の話や近況

③最近の恋愛事情

④過去の恋愛トーク

⑤当日イチャイチャする前フリ

こんな感じになります。

まず、最初は「こんばんは」などの挨拶をしっかりしましょう。

常識のない人認定されないためには必須です。

その後、共通の趣味の話があれば盛り上がりますね。

なければ「最近は忙しいの?」と近況を聞いてあげましょう。

忙しいと答えた場合
→じゃ、出会う暇ないね。出会い系やって正解。

暇と答えた場合
→じゃ、遊ぶ余裕あるね。遊びに行こう。

このように忙しさから恋愛へと話をつなげます。

基本的に出会いがないから出会い系をやっている子が多いです。

なので、「そろそろ出会い欲しいところだね」等のワードを入れて、出会いを意識させましょう。

その後は出来れば「当日会って、いいなと思ったらイチャイチャするかも」などと言えればベストです。

全くの食事だけだと思っている女性にボディタッチなどをすると、拒否されてしまう可能性がありますが、最初からHをほのめかすようにしておけば、当日断られることも少ないのです。

最初は緊張して言えないかもしれませんが、慣れればここまで言えると思います。

出会い系で使える電話術

このように電話に誘う前から、電話へ誘導するようにメッセージを送っていきます。

そうすることで、スムーズに電話へと誘うことが出来るので、女性に拒否されてしまうことも少なくなるのです。

自然な流れで電話をして、世間から恋愛トークします。

そうすることで、会う前からHへの期待感が高まるので、当日誘った時も断られる確率が減ります。

是非あなたも試してみて下さい!

おすすめの記事