ワクワクメールで知り合った女性が業者なのか、割り切り目的なのかわからない‥

そんな時に役に立つのがワクワクDB(データベース)です。

ここではワクワクDBにいる女性の情報をみんなで投稿・共有しています。

このサイトを使えばその女性が業者なのか割り切り目的の女性なのかわかることがあるんですね。

素人とタダマンHしたい僕達にとっては、サクラや業者を見分けて無駄なポイントを消費しないようにすることは重要です。

サクラ・業者の見分け方でもお話していますが、出会い系サイトに慣れてくると自分で業者を見分けることが出来ます。

しかし、ワクワクメールを使い始めた方にとっては、素人の女性なのかそうでないのかわからいと不安ですよね。

ワクワクDBに頼り過ぎるのも良くないのでが、業者を見分ける時の参考になるサイトなのでご紹介します。

ワクワクDBってなに?

ワクワクDBとは、実際にやり取りした異性の情報を投稿して、共有するサイトです。

調べたいユーザーのIDかURLを入力して、検索することで、そのユーザーの情報を見ることが出来ます。

判定評価では、業者、素人だけでなく、セミプロやキャッシュバッカー、メンヘラなども細かく分析されていて凄まじいです(笑)

ワクワクDBが必要な理由

ワクワクDBではこのように詳細な情報が載せられています。

ただし、個人を特定するような情報を載せると犯罪なので、そこまでは載っていませんし、載せてはいけませんよ!

これらの情報を知っていれば、ワクワクメール内で業者との無駄なメッセージをする必要がなくなるので、お金の節約になりますよね。

ただし、ワクワクDBにも注意点があります。

ワクワクDBの注意点:業者の書き込み

ワクワクDBは誰が書き込んだのかわからない口コミサイトです。

匿名性だからこそ、「業者」「キャッシュバッカー」などの批判も出来ます。

しかし、誰でも使えるサイトなので、裏を返せば業者が使うことも出来るのです。

明らかに業者が書いたような、誰かを持ち上げるような情報があったら注意して下さい。

それは業者が自作自演で書いて、誘導している可能性があります。

ワクワクDBの使い方

ワクワクDBを使うには会員登録が必要です。

まず、「ユーザー登録」をクリックし、必要事項を記入して下さい。

メールアドレスの登録が必須ですが、迷惑メールが来ることはないですよ。

ただし、情報は蓄積されているので、一応捨てアドにしておいた方が良いかもしれません。

ワクワクDBはURLで検索できる

登録が終了したら、ユーザーの情報を検索します。

調べたい会員のID検索、もしくはURL検索をするだけで情報が出てきます。

IDはユーザーのプロフィールを開いた時にURLで画面に表示されている最後の文字列です。

ただ、ここを探して検索するのはやや面倒なので、プロフィール画面のURLをそのままコピーして、ワクワクDBの検索枠に入れて検索してしましましょう。

これでユーザーの口コミが見れますよ。

ワクワクDBに頼らずに見分けよう

以上のように、ワクワクDBは業者などの悪質なユーザーを見分ける手助けになってくれます。

しかし、その裏を返して、業者側が嘘の情報を書き込んでいる可能性も高いのです。

悪質なユーザーに騙されないようにするためには自分で見抜く力をつけるのが一番です。

少しずつワクワクメールになれて、ワクワクDBに頼らないで業者を見分けられるようになりましょう!

おすすめの記事